shinpoi の独り言

ケーコジによるケータイやスマホの情報ブログ、ポイントサイトでポイント収集も実施中!!

DMMモバイルの特徴

スポンサーリンク

DMMモバイルの特徴をまとめてみました。

→ DMMモバイル

料金プラン

初期費用が安くても毎月支払う金額が高ければ意味がありません。DMMモバイルの料金プランはこのようになっています。すべてのプランではありませんが半数近くのプランで業界最安となっています。

f:id:shinpoi:20170701085250p:plain

ドコモのスマホを使っていればDMMモバイルでもそのまま使えます。

自分のスマホで本当に使えるのか?
安い分だけネットも遅いんじゃないの?

そんな不安や疑問がいつも使っている電話番号を格安SIMに乗り換えることを妨げているかと思います。そこで今の電話番号はそのままドコモで契約したまま、新しい番号をもらって格安SIMを試してみましょう。お試しで問題なければドコモを解約して格安SIMに乗り換えればいいのです。

 

お試しにおすすめなプランが赤枠で囲った「データSIM1GBプラン」です。初期費用0円の今なら月額500円ほどで実際にお試しすることができます。

→ DMMモバイル

 

DMMモバイルの特徴

通話SIMプランは1年間の最低利用期間がありその間に解約すると解約手数料9,000円(税抜)が発生しますが、データSIMプランの場合は解約手数料は発生しません。これもデータSIMプランをお試しでおすすめしている理由です。

f:id:shinpoi:20170701090925p:plain

 

ドコモなどの大手キャリアは2年縛りが契約した2年後以降の料金は安くなると思われがちですが、実はキャンペーンの適用などが終わり、そのまま契約し続けると月額料金は高くなることが多いのです。DMMモバイルは契約時から解約するまでずっと同じ月額料金です。

f:id:shinpoi:20170701091221p:plain

 

DMMモバイルが安い理由です。店舗を設けていないので人件費が少ない分だけ月額料金が安くなっているのです。逆を言えば、ドコモなどの大手キャリアはあれだけの店舗と店員を抱えている分だけ月額料金が高くなっているのです。家賃や給料をみんなで払ってあげているような感じですね。

f:id:shinpoi:20170701092724p:plain

 

同じようなプランをドコモとDMMモバイルで比べた結果です。DMMモバイルはドコモの半額以下です。

f:id:shinpoi:20170701093040p:plain

 

余ったデータ通信量は翌月に繰り越せます。繰り越す量が多くなってきたら一時的にプランを下げて月額料金の支払を下げるということもできます。

f:id:shinpoi:20170701093300p:plain

 

契約しているデータ通信量を超えると速度制限が掛かります。バースト機能があると速度制限が掛かった低速時でも比較的快適に使用することができます。バースト機能とは、低速状態でもはじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行う機能です。この機能は意外と重要です。バースト機能があればYahoo!やTwitterなどのテキストが多いサイトだと低速でも十分利用できます。そのため高速通信をあえてOFFにしてデータ通信量を節約することもできます。バースト機能がなければこんなこともできずテキストメインのサイトの読み込みにも苦労します。

f:id:shinpoi:20170701093545p:plain

 

複数人でデータ通信量をシェアするコースもあります。お試しで満足して本格的に乗り換える場合はこういったサービスも活用しましょう。

f:id:shinpoi:20170701094244p:plain

 

おすすめプランの申し込み

税抜の表示ですが、初期費用の新規契約手数料はキャンペーンで0円になっています。データSIM 1GBプランの月額基本料金は480円です。これとは別にユニバーサルサービス料も掛かりますがこれは2~3円程度です。

f:id:shinpoi:20170701094421p:plain

 

この機会を逃さないように!!

→ DMMモバイル