shinpoi の独り言

ケーコジによるケータイやスマホの情報ブログ、ポイントサイトでポイント収集も実施中!!

ケーコジ活動日記 20170531 - 切断型MNP予約番号は発行だけで転出手数料が必要?

スポンサーリンク

いつもは契約前日に解約を行っていましたが、維持費削減のために最低限必要な契約期間を経過した回線を解約することにしました。そこでチョッとしたトラブル?に巻き込まれてしまいました。

 

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用して、現在契約中の携帯電話会社から電話番号を引き継いで他社の携帯電話会社に乗り換える場合に「MNP予約番号」が必要です。

 

維持型MNP予約番号発行

通常のMNP予約番号の発行です。MNP予約番号の発行自体は無料です。MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間です。MNP予約番号を発行しても乗り換えが完了するまでは現在の携帯電話会社での契約が継続します。有効期限内に他社に乗り換えたタイミングで移転元の契約は解約となります。他社への乗り換えが完了すると転出手数料が発生します。有効期限が切れた場合は現在の携帯電話会社での契約が継続します。

 

切断型MNP予約番号発行

維持型MNP予約番号発行と異なる点だけを記載します。切断型MNP予約番号発行は手続きを行った時点で現在契約中の携帯電話会社との契約が解約となります。維持型と切断型との違いは青字部分であり、赤字部分は同じです。

 

切断型は予約番号発行だけで転出手数料?

家族名義のau5回線を維持費削減のために5月末で解約することにしました。ドコモやワイモバイルなどでおトクなキャンペーンが実施されたら乗り換えするかもしれないので、5月中に解約はしたいけど予約番号ももらっておこうということで、切断型MNP予約番号での解約をauショップでお願いしました。

 

5月最終日の閉店30分前に委任状を持ってauショップへ。家族を巻き込んでのケーコジなので、できるだけ嫌がられないように委任状でできることは委任状で済ませます。記入漏れはもちろん、チェックや〇が付いてないだけでお断りされるショップなのは経験済みなので、手続き欄には「切断型MNP予約番号発行での解約」と記載しました。

 

いざ手続き開始。委任状は何度も念入りにチェックしておいたので問題なし。早々に1台目の確認に入りました。

 

 あっち「2年契約の解除料が10,260円掛かります」
 こっち「はい、大丈夫です」
 あっち「MNPの転出手数料が3,240円掛かります」
 こっち「??? 他社に乗り換えたらですよね?」
 あっち「いえ、切断型は予約番号発行時に掛かります」
 こっち「維持型は発行だけでは掛からないのに?」
 あっち「切断型は発行だけで掛かります」
 こっち「ホンマですか?」
 あっち「一応確認しますね」
  電話して15分ほど戻ってこない
 あっち「やはり発行だけで掛かります」
 こっち「じゃ、予約番号はいらないので解約だけで」
 あっち「委任状に記載された手続きしかできません」

 

乗り換えるかどうか分からない予約番号をもらうのに16,200円も払う訳にはいかない。今日中に解約しなければ1回線あたり約1,000円の6月分の請求が発生してしまう。天秤にかけると明日以降に6月分の請求5,000円を支払った方が安く済む。ゴネても仕方ないのでこの日は諦めて帰宅。確認の電話がなければ閉店までに家族を連れてくることも可能だったのにどうも納得いかない。

 

ネットで情報収集

帰宅後にTwitterやケーコジさんのブログを見ると、切断型であっても転出手数料の発生条件は維持型と変わらないようだったので、翌日157で確認することに。

 

翌日の仕事終わりに157に電話、切断型を知らないおばちゃんに当たる。維持型と切断型の違いを散々説明して確認してもらうことに。しばらくの保留後、切断型であっても転出手数料の発生条件はやはり維持型と変わらないとの返答。

 

続いて昨日のauショップへ電話。

 こっち「昨日切断型で手続きしようとした者ですが」
 あっち「はいはい」 ← 誰だか分かったみたい
 こっち「157は発行だけでは手数料不要との回答でした」
 あっち「センターに2回確認して必要との回答でした」
 こっち「どちらが正しいのでしょうか?」
 あっち「再度確認して折り返します」
  しばらくして
 あっち「センターの誤案内でした」
 こっち「昨日解約できず6月の請求が発生するんですが」
 あっち「こちらの誤案内が原因なので柔軟に対応します」

 

やられました。誤案内に振り回されました。手続きには来店が必要とのこと。6月分の請求は取り消しできるか後日返金になるかなどは手続き後にセンターと調整するので今はハッキリとは回答できないとのこと。いずれにせよ結果的に6月分の請求の負担は発生しないように調整するとのこと。

 

再度来店しないといけないので手間が掛かりますが、たぶん予約番号の有効期限は手続した時点から15日間となると思われるので実質的に有効期限が伸びたし、勉強にもなったし、何より近場のショップで揉め事にならずに済んで良かったと思うようにします。