shinpoi の独り言

ケーコジによるケータイやスマホの情報ブログ、ポイントサイトでポイント収集も実施中!!

マクドナルドをタダで食べる方法

スポンサーリンク

f:id:shinpoi:20170303231004p:plain

今回はマクドナルドをタダで食べる方法をご紹介します。いきなりお店に行って「ビッグマックセットをタダでください!!」と言ってもダメです。最初に少しだけ準備が必要ですが、本当にタダでマクドナルドを食べることができます。次回以降は手間も軽減されて効率的に継続してマクドナルドをタダで食べることができます。

 

忘れないようにこのページをお気に入りやブックマークに入れておいてくださいね。

タダで貯めたdポイントで支払う

2017年3月1日から全国のマクドナルドでdポイントが使えるようになりました。1ポイント=1円として支払いに使えます

f:id:shinpoi:20170304033146p:plain

dポイントが100ポイントあれば100円分の商品を、500ポイントあれば500円分の商品を現金を支払わずにポイントだけで支払うことができます。

 

そもそもdポイントって何?という方は、下記のサイトに詳しい説明が載っていますので参考にしてください。

 

どうやってdポイントを貯めるのか?

対象店舗のお買い物で税込100円につき1ポイント貯まります。1%還元なのでポイント還元率としては決して悪くはないですが、500ポイント貯めるためには50,000円もの買い物をしなければなりません。マクドナルドをタダで食べるには遠い道のりです。

 

お買い物ではなく別の方法でdポイントを貯めましょう。「ポイントサイト」を活用すると効率的に多くのdポイントを貯めることができます

 

ポイントサイトはご存知でしょうか?ポイントサイトを経由して楽天市場やYahoo!ショッピングなどのオンラインショップで買い物をしたり、アンケートに答えるなどすると、ポイントサイト独自のポイントが貯まります

 

買い物やアンケートに答えるだけでなぜポイントがもらえるのかというと、ポイントサイトは広告収入で成り立っています。掲載している楽天やYahooなどのサイトで買い物をしてもらったり、アンケートに答えてもらうことで、ポイントサイト側に広告収入や謝礼が入ります。そしてその一部が私たちに還元されるという仕組みです。

f:id:shinpoi:20170305142813p:plain

 

ポイントサイト独自のポイントはdポイントに交換することができます。dポイント以外にも交換できますが、まずはdポイントを貯めてマクドナルドをタダで食べてみましょう。

 

ポイントサイトでタダで手に入れたポイントをdポイントに交換して、マクドナルドのお会計をdポイントで支払えば、結果的にマクドナルドをタダで食べることができるという仕組みです。

 

ここで次のようにポイント交換してdポイントを貯める方法をご紹介します。

-----------------------------------------------------
ハピタス → ドットマネー → dポイント
-----------------------------------------------------

 

まずは「ハピタス」に登録しましょう

どのポイントサイトでポイントを貯めるかですが、私も実際に使っている「ハピタス」がおすすめです。スマホやパソコンからの登録方法を詳しく説明したページを用意しましたので参考にしてください。

 

「ハピタス」でポイントを貯めよう

まずは下記の記事を参考に、ハピタスでポイントを獲得しましょう。

 

「ドットマネー」の登録方法は?

ドットマネーの登録方法は下記の記事を参考にしてください。

 

「ドットマネー」への交換方法は?

ドットマネーの登録が終わったら、ハピタスのポイントをドットマネーに交換しましょう。

 

「dポイント」への交換方法は?

最後にドットマネーをdポイントに交換します。

 

これでハピタスで貯めたポイントをdポイントに交換することができました。

 

まとめ

少し長くなりましたのでまとめてみました。

  1. ハピタスに登録
  2. ハピタスでポイントを貯める
  3. ドットマネーに登録
  4. ハピタスのポイントをドットマネーに交換
  5. ドットマネーをdポイントに交換

 

最後に

最初にdポイントが得られるまで1ヵ月半~2ヵ月ほどかかってしまいますが、その間もポイントサイトで継続的にポイントを貯めて交換していけば、2ヵ月後以降は継続してdポイントを得られることになります。つまり継続してマクドナルドをタダで食べ続けることができますので、ぜひチャレンジしてみてください。やっていると意外に簡単ですよ。