shinpoi の独り言

ケーコジによるケータイやスマホの情報ブログ、ポイントサイトでポイント収集も実施中!!

楽天カード ~ 年会費永年無料で楽天市場の買い物は還元率5.0%以上で楽天ポイントが貯まるクレジットカード

スポンサーリンク

f:id:shinpoi:20170421233043p:plain

楽天市場で買い物をするなら必須とも言える楽天カードをご紹介します。

 

楽天カードの特徴

楽天市場で買い物をするなら必ず持っておきたいカードです。年会費永年無料で楽天市場でのポイント還元率は5.0%以上のクレジットカードです。

  • 楽天市場でのポイント還元率は5.0%以上
  • 月間利用合計金額に対してポイント付与
  • 年会費永年無料
  • 楽天ETCカードは年会費540円
  • 利用明細書の郵送は月額82円

 

楽天カードのポイント還元

普段のお買い物や公共料金のカード払いなどのポイント還元率は1%です。ポイント還元率1%のクレジットカードは他にもあります。楽天カードのポイント還元で大きな特徴は楽天市場での買い物に楽天カードを使用した場合にポイント還元率が5.0%以上となることです。

 

もう少し詳しく見てみましょう。楽天市場ではSPU(スーパーポイントアッププログラム)というものが常時開催されています。

f:id:shinpoi:20170421120342p:plain

通常ポイント1倍と楽天カード利用3倍で還元率4.0%です。アプリで買い物をすればさらに1倍で還元率5.0%となります。月1回でもアプリから購入すれば初月~月末まですべてポイントアップ対象となります。ここまではハードル高くないですね。

通常ポイント 1倍
楽天カード利用 3倍
当月にアプリで買い物 1倍
楽天モバイル利用 1倍

楽天モバイルを契約していればさらに1倍で還元率6.0%です。残りの1倍は楽天プレミアムカードか楽天ゴールドカードの利用が条件なので割愛します。

 

月間利用合計金額に対してポイント付与

楽天カードは月間利用合計金額100円ごとに1ポイント貯まります。この月間利用合計金額に対してポイント付与されるというのが意外と重要です。

 

利用(支払い)ごとにポイントが付与されるクレジットカードで98円のお買い物を10回したとします。1回ごとの支払い98円に対してはポイントが付与されないので、これを10回繰り返しても結果的に0ポイントです。

 

楽天カードのように月間利用合計金額でポイントを計算される場合は、980円に対してポイント付与されるので、9ポイント貯まります。端数の80円に対しては残念ながらポイントが発生しません。

 

コンビニなどで少額決済を多く行う方は月間利用合計金額に対してポイント付与されるかどうかを意識しておきましょう。

 

楽天カードの年会費

楽天カードの年会費は永年無料です。ただし、楽天ETCカードは年会費540円が必要となるので注意しましょう。楽天ETCカードも100円で1ポイントなので54,000円を使ってやっと年会費がチャラとなります。楽天PointClub会員ランクが「ダイヤモンド会員」や「プラチナ会員」の場合には、次年度1年間のETCカード年会費は免除(無料)となりますが、ETCカードは年会費無料の別のクレジットカードにした方がいいでしょう。

 

利用明細書は有料サービス

クレジットカードの利用明細書の郵送は月額82円必要です。利用明細書はWEBで確認するから必要ないよという人は特に気にする必要はありませんが、紙でチェックしたいけど自分で印刷するのは面倒だという人は注意しましょう。100円で1ポイントなので82円は8,200円利用で得られるポイントに相当します。

 

nanacoにチャージするならJCB

楽天カードはVISA, JCB, MasterCardの3種類から選べますが、nanacoにチャージする方はJCBを選択しましょう。nanacoへのチャージでも楽天ポイントが1%貯まります。

 

お買い物パンダデザインはMasterCard

f:id:shinpoi:20170421143758p:plain

MasterCardブランドだけになりますが、お買い物パンダデザインのカードを選択することもできます。

 

家族カードは発行すべきか?

例えば夫婦で1枚ずつ楽天カードを持つ場合、家族カードを発行すべきか、それぞれ別名義で発行すべきかを考えましょう。家族カードを発行するメリットは請求が1つなのでお金の管理がしやすいという点です。別名義で発行するメリットは入会時のキャンペーンをそれぞれ受け取ることができることです。入会時のキャンペーンは捨てがたいけど請求はまとまっている方がいいですね。

 

悩ましいところですが、こんなやり方で両方のメリットを得てみてはいかがでしょうか?まず夫婦それぞれ別名義で楽天カードを発行して入会キャンペーンのポイントを2人分もらいましょう。しばらくしてから一方のカードを解約します。そして家族カードを発行しましょう。そうすることで請求をまとめることができます。

 

楽天カードへのリンク

 

ポイントサイト経由でさらにおトク

ポイントサイト経由で申し込むとポイントサイトのポイントももらえるため、さらにおトクです。ここではハピタスというポイントサイトをおすすめしています。下記で登録方法を詳しく説明していますので、まだ登録をされていない方はこの機会にどうぞ。