shinpoi の独り言

ケーコジによるケータイやスマホの情報ブログ、ポイントサイトでポイント収集も実施中!!

ソフトバンク シンプルスタイル(プリペイド携帯電話) MNP弾としての利用方法

スポンサーリンク

少々レアなパターンですが、ソフトバンクのシンプルスタイル(プリペイド携帯電話)をMNP弾として利用する方法を紹介します。

 

そもそもMNP転出できるのか?

FAQにも記載されていますが、シンプルスタイルでもソフトバンクから他社へのMNP転出は可能です。

 

通常契約と同じく、ソフトバンク側で必要なMNP転出手数料は3,000円(税抜)です。

 

シンプルスタイル解約時の注意事項

シンプルスタイルは契約日から1年以内の解約は19,800円(税抜)の契約免除料が必要です。MNP転出に伴う解約についても契約解除料が必要となります。契約日から1年以内は解約しないようにしましょう。MNP転出手数料も別途必要です。

 

MNP予約番号はどこで発行できる?

通常の契約であればMNP予約番号の発行は電話、ソフトバンクショップで発行可能ですが、シンプルスタイルのMNP予約番号の発行はソフトバンクショップでのみ受付可能となっています。電話やオンラインでは予約番号を発行できないため、ショップに来店する必要があります。

 

なぜシンプルスタイルでMNP転出を?

ソフトバンクのシンプルスタイルはMNP弾として安いからです。

f:id:shinpoi:20170208164506p:plain

2017年2月8日時点であれば、例えばアウトレット品にはなりますが、「DIGNO U」が端末価格10,000円(税抜)で販売されています。この端末価格は無料チャージ10,000円分を含んだ価格です。契約時に契約事務手数料3,000円(税抜)が必要ですが、契約事務手数料は無料チャージから引き落とされます。つまり、契約時に支払う金額としては端末価格のみとなります。

 

契約日から1年を経過すれば契約解除料19,800円は不要ですが、MNP転出手数料の3,000円は必要です。少し気の長い話ですが、契約日から1年経てば13,000円(税抜)でMNP転出が可能となります。

 

13,000円が安いか高いかといえば、MNP弾としては安い部類に入ります。しかしたとえ安くてもMNP弾となりうるのは1年後なので、これだけの理由でMNP弾としてシンプルスタイルを選択するのは非効率で気の長い話です。でも手元に端末が残っています。端末を欲しい人に譲るなどしてその対価を得られるとするならば、MNP転出に必要な費用を下げることができます。

 

MNP転出できる期間

シンプルスタイルには、プリペイドカード登録翌日から60日間の「利用有効期間」と、「利用有効期間」の終了翌日から360日間の「電話番号有効期間」があります「電話番号有効期間」に新しいプリペイドカードの登録がない場合は自動的に解約となりますが、自動解約の場合、契約解除料は必要ありません

 

  • 利用有効期間:1~60日間
  • 電話番号有効期間:61~420日間

 

上記にも記載したように、契約日から1年以内の解約には契約解除料として19,800円を支払う必要があるため、MNP弾としてシンプルスタイルを利用するためには1年を経過するまで解約およびMNP転出はできません。しかし、プリペイドカード登録翌日から420日を経過すると自動解約となってしまいます。つまり、契約解除料がかからずMNP弾として利用できる期間は下記のように限られています。

 

  • MNP弾:366~420日間

 

(注意)ザックリな日付の計算です。自分の契約をMNP弾としてして利用する場合は事前に電話やショップで契約解除料がかからない期間や自動解約の日付(電話番号有効期間)を確認しておきましょう。余裕をもって実施されることをおススメします。

 

3月にMNP弾として利用予定

私は2016年1月末にシンプルスタイルを2台契約しました。もちろんMNP弾として利用するためです。あの頃はもうケーコジは最後だという雰囲気が充満していました。1年後も何とかなるだろうと期待して購入したのを覚えています。1年が経過してまだケーコジは何とか続けられているので、1年間に仕込んだシンプルスタイルが役立ちそうでホッとしています。

 

【2017/07/23 追記】

MNP予約番号発行

ソフトバンクショップでシンプルスタイルのMNP予約番号を発行してきました。シンプルスタイルのMNP予約番号の発行はソフトバンクショップでのみ受付可能となっていると書きましたが、その理由が分かりました。

 

契約から1年以上経過しているので契約解除料19,800円は不要でしたが、MNP転出手数料3,000円は予約番号発行時に店頭で支払わなければならないそうです。クレジットカードもダメで現金のみとのこと。たまたま諭吉さんがいたからいいものの、カード払いばっかりなので普段あんまり現金持ってないんですけど。

 

通常の契約であれば予約番号発行だけでは転出手数料は取られません。実際に転出してから後日請求されます。転出しなければ当然ながら転出手数料は請求されることはありません。

 

では、シンプルスタイルで予約番号を発行したものの、結果的に転出しなかった場合、すでに支払っている転出手数料3,240円はどうなるのでしょうか?店員さん曰く後日返却されるとのことですが、、、自信なさげに発言されると怪しいです。どうやって返却する気なんでしょうか?